<< LEDバック/コーナリングバルブ 高輝度18LED ピュアホワイト5000 | main | 湯の川温泉 湯の川プリンスホテル渚亭 >>

スポンサーサイト

  • 2011.11.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


南知多温泉郷

      一帯は知多半島の南西端、三河湾国定公園に属する風光明媚な海岸地帯にあり、温泉街は内海地区と山海地区に形成され、20軒足らずの宿泊施設が建ち並んでいる。内海温泉は主に日帰り施設の「白砂の湯」(現在は『テルメ・ウツミ・白砂の湯』)から配湯しているが、南知多温泉は湯量が豊富で源泉を所有している旅館も見られる。

旧環境庁による日本の渚百選にも選定された千鳥ヶ浜が沿岸にあり、散策に人気がある。また県下最大級の内海海水浴場、南知多ビーチランドなどのレジャー施設も多い。

歴史 

知多半島 温泉歴史は新しく1988年の開湯であり、地下1,300mのボーリングによって湧出。湯量が豊富であったために活性化をにらんで各旅館街に配湯し、従来から形成されていたリゾート地に一大温泉郷を形成した。また、その後独自でボーリングを試み、自家源泉を持つ宿も現れた。温泉に化石成分を含んでいるといわれており、効能が高く、源泉をそのまま使う宿も見られる。名古屋圏にも近いことで、年中を通して多くの観光客が訪れる県下有数の温泉地に成長し、今日に至る。

http://haoshilian.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-b95e.html


スポンサーサイト

  • 2011.11.18 Friday
  • -
  • 15:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM